脚が太い!コーデで何とかならないの?

「脚、太いね」といわれたことってありませんか?脚のお肉は落ちにくいのにそういわれたら、もうコーデで誤魔化すしかありませんよね。

かといって、毎日パンツスタイルなんて、ちょっとイヤです。どうせなら可愛くなりたいですもんね!

でも、私の知っている下半身カバーのコーデなんて、ワイドパンツを履くぐらいしかないし、レパートリーが少ないですね。

というわけで脚の太いのをカバーできるコーデについて調べましたので、参考にしてくださいね。

収縮色でコーデをまとめる!

色には、膨張色と収縮色があります。例えば白やクリーム色は少し大きく見えて、黒やネイビーは少し小さく見えませんか?

これは色の属性の一つによるものに過ぎないのですが、細く見えるのなら使わない手はありませんよね。

膨張色と収縮色を決めるのは明度なのですが、明度といわれてもいまいちピンとこない人も多いですよね。

明度というのは、パステルカラーとか、はっきりとした色とか、くすんだ色とか表現されるものです。

パステルカラーが最も高明度で、次にはっきりとした色、くすんだ色、黒っぽい色などの暗い色が最も低明度です。

高明度のほうが膨張して感じられ、低明度のほうが収縮して感じられます。つまり暗い色の服を着ると、細く感じられます。

脚を細く見せたいのなら、黒いタイツや黒いレギンスを履いて、スカートを履くなどすればいいですよ。

さらにトップスをパステルカラーにすればより足が細く見えますし、顔色もよく見せてくれるんです。

パンツを選ぶ際、注意する点は?

小さめのサイズのパンツは、他人から見てもパツパツです。かといって大きめのサイズを選ぶと、太めに見えてしまうんです。

ワイドパンツではあまり効果がないなんて、驚きました。

一番細く見えるのは、小さすぎず大きくもない、あなたピッタリのサイズだったりします。

ですから、どんどん試着して、ちょうどいいサイズを見つけることが大切なんです。

また丈は長すぎない、くるぶし程度の長さのものを選んでください。たるませて履くのは太く見えてしまうので気をつけてくださいね。

ロールアップが流行りましたが、あまり短くすると脚が太く見えてしまうので、足首が出る程度にしてくださいね。

スカートを選ぶ際、注意する点は?

スカートを選ぶ際気をつけるポイントは、丈の長さです。ミモレ丈、ロングはもちろん、ミニスカートだって丈の長さに気をつけたら履けます。

まずミモレ丈は、膝が隠れる程度の丈を選んでください。上品で女性らしいシルエットになりますので、可愛いですよ。

ロング丈は、ふくらはぎ辺りまでの丈の長さのものを避けたら、基本的には大丈夫です。ハイウエストのものを選ぶと、足長効果がありますよ。

ミニ丈は意外かもしれませんね。膝上10cm程度でしたら脚をきれいに見せてくれるので、いいんですよ。

さあ、ファッションを楽しもう!

ボリュームのあるトップスにしたり、マフラーなどで視線を上に持ってきたりなど、脚を細く見せるテクニックはたくさんあります。

少しずつでいいので、出来れば楽しんで、細見えコーデを選んでみてくださいね。